丸いのと筆状、ドレッドの毛先はどちらが良い?

丸いのと筆状、ドレッドの毛先はどちらが良い?

ドレッドヘアの先端は、丸い形状と筆のような形状のものがあります。今回は、その違いや作り方を見ていきます。

 

【どう違うの?】

ドレッドの先端の形状は、丸いものと筆状のものとで、その状態が異なります。

 

{丸い形状}

先端が丸いドレッドは、次のような状態になっています。

・毛先まで編み込まれている状態


・髪質がアフロの場合、編み込まれてなくても毛先が細かくカールしているため、丸く見えている状態

毛先が丸いドレッド
毛先が丸いドレッド

{筆状}

・毛先が編み込まれていない状態
通常、髪質がアフロではない場合、毛先になると編み込むのに十分な長さがなくなってくるため、ノーマルヘアがそのまま残り、筆のようにフサフサした感じになります。

毛先が筆状のドレッド
毛先が筆状のドレッド

【作り方は?】

{丸くしたいとき}

元の髪質がアフロの人は、フリーフォームでドレッドを作っても、自然に毛先まで編み込まれて丸くなる傾向が強くなります。また、編み込まれなくても細かくカールしているため、丸く見えます。しかし他の毛質の場合は、基本的にそうはなりません。


そこで、丸くしたい時は主に次の方法を使います。

・美容院でアフロパーマをかけてからドレッドにしてもらう


・元の髪質のままドレッドにしたのち、編み棒(細めのもの)を使って毛先をドレッド内に引き込む

↑ skillteacherさんが実際にやってみてくれています。

 

・片方の手で毛先の少し上をもち、もう片方の手のひらに毛先を押し付けながら円を描くように動かし、摩擦によって毛先をからませる

↑LazyDreadsさんの動画です。1:30あたりから実演が観られます。

 

これは簡易的な方法であり、ほどけやすいため、丸さをキープするためには、何度もこの方法を続ける必要があります。しかし、道具がいらずお金もかからないのでお手軽です。

 

{筆のようにしたいとき}

もとがアフロや癖の強い天然パーマじゃない人は、その毛質のままドレッドにすれば、自然に毛先が筆状になりますが、元々の髪質がアフロである場合、筆状にすることは残念ながら難しいです。


元の髪質がアフロではなく、このページでご紹介した方法などで毛先を丸くしたものを、筆のように戻したい...という場合は、毛先だけを梳かしてしまうと良いでしょう。

 

梳かし方の詳細は「ドレッドを切って短くすることは出来ますか?」の後半をご参照ください。上手くいかない時は、毛先近くをハサミで切ってから、梳かしましょう。※アフロパーマをかけている場合は、梳かしたあとも、パーマがとれるまでは毛先がカールしている場合があります。

↑LazyDreadsさんが実演してくれています。

 

【どちらが良い?】

毛先が丸いドレッドは、筆状のドレッドと比べて、洗うときや乾燥させるときに、水はけがやや悪いと言われています。しかし管理人個人としては、どちらにしろドレッドは水はけが悪いので、あんまり気にするほどではないと思います。好きな方を選ぶのが一番でしょう。
※ちなみに、当サイトでご紹介しているドレッド自作方法「フリーフォームメソッド」では、自然の力にまかせて作るため、毛先の形はコントロールせず、仕上がったものをそのまま楽しむ...というのが、基本になっています。

【関連ページ】