· 

個性派!!インパクト大なフリーフォームドレッドいろいろ

個性派!!インパクト大なフリーフォームドレッドいろいろ unique freeform dreadlocks

数あるドレッドヘアの自作方法のうち、もっともオーガニックで、歴史の古い作り方、フリーフォームメソッド。自然に任せてドレッドを形成させるため、人それぞれに異なった仕上がりになるのが特徴のひとつです。日本ではまだそれほどメジャーな作り方とは言えませんが、世界中に愛好者がいます。

今回は、そんなフリーフォームで作られたドレッドのうち、強いインパクトのある個性派ドレッドをご紹介します。

 

【超ロングドレッド】

以前、当サイトでも紹介したことがある、メタルヴォーカリスト、ブライアン・フェア(Brian Fair)の超ロングドレッドです。20年以上もの長期間、切らずにフリーフォームを続け、その長さは床に届かんばかり。形や太さやもまばらでド迫力の仕上がりです。

 

↑ブライアンが参加しているバンドOvercastのライブ映像

 

【真っ白のドレッド】

ドレッドにはいろんな色がありますが、まっ白髪のドレッドもまた強いインパクトがあります。

 

 

頭頂部に数本の細くて短いドレッドが混じっているのも、アクセントになっています。

ちなみに、その細く短いドレッドがどうしてできたかというと...髪が抜けていた部分が、再び発毛して伸びた後、ドレッドが形成されたため、他の部分よりも短くなった....と思われます。

 

【2本の板状ドレッド】

お次はスウェーデンのラッパー、Promoeのドレッドです。


セパレート(※)せず、ドレッドがくっつくに任せたところ、大きな2本の板状になったものです。顎髭もドレッドになっていて、強烈です。※ドレッドは放置しておくと、互いにくっつき合ってより太い1本になろうとする性質があります。これを避けるため、くっつきはじめた時、互いを裂くようにして引っ張り分けるお手入れを、セパレートといいます。

 

 

 

【立体的ドレッド】

板状でしかも上方へ立ち上がった、立体的なドレッドです。これもセパレートせずに自然に任せた結果できあがったものです。とても珍しいスタイルで、バスキアのドレッドを連想します。

 

 

 

【終わりに】

いかがでしたか?

フリーフォームドレッドは、あらかじめデザインを決めて作ることが出来ない反面、人それぞれの髪質や環境によって、自然でオリジナルな仕上がりになるところが魅力のひとつです。いま実行中の人や興味がある人は、Youtubeなどで検索し、いろんなフリーフォームドレッドをチェックしてみるのも楽しいでしょう。

 

【関連ページ】