ドレッドヘアのインターロッキングとは?

ドレッドヘアのインターロッキングとは? what is interlocking of dreadlocks?

ドレッドヘアのお手入れにはいろんな種類があります。今回はそのひとつである「インターロッキング」についてです。必須のお手入れではありませんが、知識として知っておくのも面白いので、参考にどうぞ♪

【インターロッキングって?】

インターロッキング(Interlocking)とは、ドレッドの根元がルーズになったり、隙間ができた時に行うメンテナンスで、ラッチフックを使います。根元をタイトにしたり、隙間を埋めることができます。

主に、髪質がアフロか強い天然パーマの人が行います。ストレートの人が行うこともありますが、アフロと比べるとより長い時間を必要とします。

【やり方】

まず、手芸などで使うラッチフックを用意します。エクステなどに使う髪の毛用のものもありますが、それじゃなきゃダメというワケじゃないので、好みに応じて選んでください。

1.任意のドレッドを選び、根元にラッチフックを通します。
2.ドレッドの先端をラッチフックで挟みます。
3.根元からラッチフックを引き抜き、ドレッドを根元に通します。
4.ドレッドからラッチフックを外します。

以上を数回くりかえして、根元を引き締めていきます。

注意点としては、フックを通す方向は毎回変えること。例えば、最初が右から左だったら、次は下から上...といった感じです。これを間違えると、根元に穴が開いたような状態になってしまう場合があります。また、あまり頻繁に行うと、根元を引っ張りすぎて、髪と頭皮に負担がかかり、抜け毛・切れ毛を引き起こすことがあります。

↑インターロッキングのデモンストレーション動画(4:12くらいまで。後は違う説明です)。

【メリット】

・根元を引き締めたり、隙間をうめたりして、すっきりさせることができます。
・即効性があります。

【デメリット】

・ストレートヘアの場合はより長い時間がかかります。
・根元を引っ張ることになるため、髪と頭皮に負担がかかりやすく、抜け毛や切れ毛の原因になることもあります。
・インターロッキングした部分だけが不自然に髪が密集した状態になり、石鹸カスなどがたまりやすくなる場合もあります。

【最後に】

インターロッキングは、即効性のある根元のお手入れ法のひとつです。ただし、結局のところドレッドがきちんと成熟するには半年~2年ほどかかる...という点は変わりません。

やってみようという場合は、そのあたりも考慮に入れつつ、試すようにしましょう。

ちなみに、フリーフォームでドレッドを作っている場合は、行いません。フリーフォームでは、根元をルーズで自然な状態のままにしておくことで、ドレッドが形成されるからです。

【関連ページ】