リンゴ酢リンス

ドレッドヘアの洗髪では、お湯のみ・石鹸・コンディショナー成分の入っていないシャンプーなどを使います。これは、ドレッドの中に出来るだけ不純物を残さないようにするためですが、しばらく続けていると、髪の毛の乾燥や頭皮の痒みが気になってくることがあります。

ドレッドヘアのためには乾燥しているほうが好ましいのですが、過度になると健康的な髪の毛の維持そのものにとって、問題が出てきます。過ぎたるは及ばざるがごとしです。

そこで、解決策として行うメンテナンスがリンゴ酢リンスです。リンゴ酢には、開いてしまった髪の毛のキューティクルを閉じなおし、潤いを逃がさないようにする効果があります。また、お湯や石鹸の使用で弱アルカリ性にかたむいてしまった頭皮の状態を、正常な弱酸性へと中和します。加えて、殺菌作用により頭皮の炎症を防ぎます。

 

 

【頻度】

1~2ヶ月に1回程度。もっと多めに行っても大丈夫ですが、あまり頻繁だと、髪の毛がサラサラになりすぎてドレッド化を妨げることになるので注意が必要です。各自の髪質や頭皮の状態に応じて、最も快適に感じる間隔を探してください。
※管理人は基本的に1~2ヶ月に1回ですが、「ちょっと髪の毛が傷みがちだな」とか「頭皮が気持ち悪いな」と感じたときは、1ヶ月に2回ほどに増やすこともあります。

【使うもの】

リンゴ酢(香料などが無添加のもの。アルコールは大丈夫)
風呂桶
お湯

 

【手順】

1.風呂桶にお湯をはります。お風呂に入る時くらいの温度です。

2.そのお湯にリンゴ酢を小さじ2~3杯入れて、よく混ぜます。

3.出来たものに、髪と頭皮を5~10分ほど浸します。

4.浸し終わったら、髪の毛をザッと絞った後、お湯でよく洗髪します。濯ぎ残しがないように丁寧に洗いましょう。

5.よく乾かします。

 

【注意点】

リンゴ酢が目に入らないように注意してください。
また、頭皮や髪の毛に異常がみられた場合は、すぐに使用を中止しましょう。

【関連ページ】