ディープクレンジング

ドレッドヘアは髪の毛が複雑に絡まった状態であるため、ノーマルヘアよりも、様々な化学物質や汚れなどが蓄積しやすい傾向にあります。それらを蓄積させたままにしておくと、ニオイの原因になるだけでなく、ドレッドを重くしたり傷めたり、といった問題を引き起こす場合があります。

そのため、日頃の洗髪では出来る限り余分な成分が残らないようにするため、コンディショナーが入っていないシャンプーや無添加石鹸を使います。

それでも月日が経つにつれ、髪の毛の中には、完全に濯ぎきれなかったシャンプーや石鹸の残留物が蓄積されていきます。加えて、余分な皮脂・汚れ・フケなども溜まります。

それらを除去し、ドレッドや頭皮を清潔に保つために行うメンテナンスが、ディープクレンジングです。

ディープクレンジングにより、日頃の洗い方では落とすことが出来ないドレッド内の残留物・頭皮の汚れ・フケなども、きれいに洗浄することが出来ます。気分的にもスッキリとするハズです。

【頻度】

基本的には1~2ヶ月に1回程度です。何回がベストという決まりはありませんが、あまり頻繁にやりすぎると頭皮や髪の毛に負担がかかってしまいます。各自で最も快適だと感じる回数にしましょう。※管理人は普段は月1回ペースですが、夏場の汗をかきやすいときなどは月2回にするときもあります。

【使うもの】

・重曹(料理に使うもの)
・風呂桶
・お湯

【手順】

1.風呂桶にお湯をはります。

2.お湯に重曹を適量(※1)入れ、よくかき混ぜて溶かします。

3.上記で出来たものに、髪を浸します。頭の向きを変えながら、頭皮も含め、満遍なく浸すように注意します。浸す時間は5~15分ほどです。

4.浸し終わったら、髪の毛をよく絞った後(※2)、お湯で洗髪します。髪の毛や頭皮に重曹が残ってしまわないように、丁寧に洗い流します。

5.よく乾かします。

※1.分量に決まりはないので、少量から試して各自で最も快適な量を探しましょう。ちなみに管理人は、風呂桶1杯につき小さじ2~3杯の重曹を入れ、5~10分ほど浸しています。

※2.この時、桶に溜まったお湯を見てみましょう。落ちた汚れで濁っている場合があります。管理人はそれを見ると、「おっ!ちゃんと汚れが取れてる!」と嬉しくなります。

【注意点】

重曹が目に入ってしまわないように、しっかり注意しましょう。また、頭皮や髪の毛に異常がみられた場合、すぐに使用を中止しましょう。

【関連ページ】