ドレッドヘアにする前に

【心構え】

ドレッドヘアは、とてもユニークで魅力的な髪型です。人それぞれの個性に応じて、ワイルドにもナチュラルにもオシャレにもなります。また、ドレッドヘアに 対する様々な思想など(ボブ・マーリーで有名なラスタだけではありません)、ファッション性だけにとどまらない深い魅力を備えています。

ただし、その形成過程・メンテナンス法・他人からのイメージなど、普通の髪型とは異なる点があり、注意が必要です。

「ちょっとした気分転換」といった心構えでドレッドヘアにトライすると、扱い方が分からずに戸惑うことがたくさん出てきて、すぐに断念してしまう可能性があります。

そんな事態を避け、ドレッドヘアを末永く楽しむために、基本的な知識を身につけておきましょう。

【完成するまでに時間がかかる】

自分で出来るドレッドヘアの作り方には様々なものがあります。しかし、作ったドレッドがたどる経過は共通です。(本来は美容院で作ったドレッドヘアも、途中で手を加えなければ同じ過程を経ます。)

ドレッドは、日が経つうちにボサボサになったり曲がったり収縮したり...といった過程を経て成熟し、安定した形に落ち着きます。(※1)その期間は人それぞれによって異なりますが、目安としては半年~2年ほどです。

これは本来のドレッドの自然な過程ですが、その間の見た目が気になる場合に行うのが、締め直し(※2)などの補修メンテナンスです。

※1.当サイトに掲載のフリーフォームメソッドでは、美容院で作るときのような「最初にまずドレッドを作り上げる」という過程がありません。ノーマルヘアーから徐々にドレッドが形成され、最終的に完成する...という作り方です。詳しくはフリーフォームメソッドで解説しています。

※2.ドレッドからはみ出したり根元から伸びてきたノーマルヘアーを、編み物に使うフックを利用して再びドレッド内に編みこみます。必須ではありません。

【洗うのに時間がかかる】

ドレッドヘアは洗って乾かすのに、ノーマルな髪の毛の2~3倍くらいの時間がかかります。スポンジやタオルを洗うような感じです。洗髪自体は、慣れによって徐々に速くなることもありますが、乾かすには時間がかかります。

【暑い】

ドレッドにすると、髪の毛の密度が増え、普通の髪と比べると風通しが悪く、熱がこもりやすくなります。そのため、夏場は頭が暑くなります。

【周りからの反応】

ドレッドヘアは、それをよく知らない人達から好奇の目で見られたり、不潔だと決め付けられたりすることもあります。また、職場や学校によってはドレッドロックスを許されなかったり、仕事の面接を受けても採用されなかったり、といった場合もあります。

どんな作り方を利用するにしても、それぞれのメリット・デメリットがあり、また共通した特性もあります。ドレッドヘアにする前には、充分な時間をかけてリサーチし、自分にあった方法をよく検討することが肝心です。

【関連ページ】